マーベラス(7844)平成30年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕 (連結)


平成30年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)(マーベラス:PDF)

2018年3月期 第1四半期 決算説明資料(マーベラス:PDF)

2018年3月期 第1四半期 決算説明動画(マーベラス:動画&音声が流れます)

2018年3月期 第1四半期 決算説明動画 説明概要(マーベラス:PDF)

 

 

売上高

%

営業利益

%

経常利益

%

四半期純利益

%

H28 Q1

8,045

+69.1

1,376

+109.9

1,436

+121.2

992

+133.9

H28 Q2

16,447

+44.4

2,841

+96.0

2,793

+84.5

1,910

+104.4

H28 Q3

24,229

+33.1

3,972

+35.8

3,940

+26.6

2,690

+43.5

H28 Q4

31,820

+20.3

5,418

+22.8

5,228

+14.1

3,602

+65.4

                 
H29 Q1

6,203

△22.9

638

△53.7

410

△71.4

303

△71.4

H29 Q2

12,999

△21.0

1,317

△53.6

1,055

△62.2

799

△58.2

H29 Q3

21,636

△10.7

3,821

△3.8

3,917

△0.6

2,820

+4.8

H29 Q4

29,387

△7.6

5,754

+6.2

5,810

+11.1

4,165

+15.6

                 
H30 Q1

4,822

△22.3

708

+11.1

711

+73.4

528

+74.5

                 
H30 Q4

30,000

+2.1

6,000

+4.3

6,000

+3.3

4,180

+0.4

単位:「百万円」、△はマイナス、%は前年同期との比較、各Qのリンクは各決算へのリンク(Air-be blog内)

 

画像Ver.

marvh30q1

 

 

<オンライン事業>

 

売上高

%

営業利益

%

売上高

(QoQ)

%

営業利益

(QoQ)

%

H28 Q1

5,479

+106.3

1,125

+184.8

5,479

+121.2

1,125

+133.9

H28 Q2

10,608

+73.4

2,276

+103.7

5,129

+48.1

1,151

+59.4

H28 Q3

15,352

+45.4

3,368

+39.7

4,744

+6.7

1,092

△15.7

H28 Q4

19,755

+28.5

4,182

+9.6

4,403

△8.7

814

△42.1

                 
H29 Q1

3,717

△22.9

576

△53.7

3,717

△71.4

576

△71.4

H29 Q2

7,248

△31.7

956

△58.0

3,531

△31.2

383

△66.8

H29 Q3

11,445

△25.4

2,489

△26.1

4,197

△11.6

1,530

+40.1

H29 Q4

14,750

△25.3

3,271

△21.8

3,305

△25.0

782

△0.4

                 
H30 Q1

2,330

△37.3

313

△45.7

2,330

△37.4

313

△45.7

                 
H30 Q4 非開示   非開示          

単位:「百万円」、△はマイナス累計・QoQの%は前期との比較

 

・平成29年5月29日よりスマートフォン向けゲームアプリ「戦刻ナイトブラッド」のサービスを開始し、サービス開始から1ヶ月足らずで、200万ダウンロードを突破する好調なスタート

・平成29年4月17日にサービスを開始したPCブラウザゲーム「天歌統一ぷろじぇくと」は、収益を軌道に乗せることができず、サービスの終了を決定し、開発費用を一括計上

・また、既存の主力タイトル「剣と魔法のログレスいにしえの女神」は、根強い人気は維持しつつも、前期と比べて低調な推移

 

 

<コンシューマ事業>

 

売上高

%

営業利益

%

売上高

(QoQ)

%

営業利益

(QoQ)

%

H28 Q1

1,655

+29.5

263

△11.7

1,655

+29.5

263

△11.7

H28 Q2

3,741

+9.1

590

+43.8

2,086

△3.1

327

+289.3

H28 Q3

5,919

+31.8

653

+31.2

2,178

+105.0

63

△26.8

H28 Q4

7,544

+18.3

1,006

+100.4

1,625

+13.8

353

70倍

                 
H29 Q1

1,542

△6.8

123

△53.0

1,542

△6.8

123

△53.0

H29 Q2

3,512

△6.1

359

△39.2

1,970

△5.6

236

△27.9

H29 Q3

6,498

+9.8

1,197

+83.3

2,986

+37.0

838

13.3倍

H29 Q4

9,067

+20.2

2,042

+102.9

2,569

+158.0

845

+139.3

                 
H30 Q1

1,338

△13.2

271

+119.5

1,338

△13.2

271

+119.5

                 
H30 Q4 非開示   非開示          

単位:「百万円」、△はマイナス累計・QoQの%は前期との比較

 

■自社販売部門

・国内での新作発売はなかったものの、前期にリリースした「Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ(PS Vita・PS4)」や「閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH(PS4)」のリピート販売等が好調に推移

・海外におきましても、前期に発売した「STORY OF SEASONS: Trio of Towns(ニンテンドー3DS)」や、「SENRAN KAGURA ESTIVAL VERSUS(Windows PC)」のリピート販売等が好調に推移

 

■アミューズメント部門

前期より稼動開始した「ポケモンガオーレ」が堅調に推移したほか、その前身機種である「ポケモントレッタ」の海外展開も順調に推移

 

 

<音楽映像事業>

 

売上高

%

営業利益

%

売上高

(QoQ)

%

営業利益

(QoQ)

%

H28 Q1

912

+10.5

306

+34.1

912

+10.5

306

+34.1

H28 Q2

2,101

+13.9

576

+35.3

1,189

+16.6

270

+37.0

H28 Q3

2,963

△6.4

797

+8.1

862

△34.8

221

△29.2

H28 Q4

4,527

△3.7

1,308

+20.1

1,564

+2.0

511

+45.1

                 
H29 Q1

945

+3.7

253

△17.3

945

+3.7

253

△17.3

H29 Q2

2,249

+7.1

599

+4.0

1,304

+9.6

346

+28.1

H29 Q3

3,709

+25.2

990

+24.2

1,460

+69.3

391

+76.9

H29 Q4

5,607

+23.8

1,603

+22.5

1,898

+21.3

613

+19.9

                 
H30 Q1

1,164

+23.1

435

+72.0

1,164

+23.1

435

+72.0

                 
H30 Q4 非開示   非開示          

 

■音楽映像制作部門

・TVアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」等のパッケージ商品化を行った

・前期に放送したTVアニメ「刀剣乱舞-花丸-」のBlu-ray・DVD販売が引き続き好調に推移

・当社ライブラリの中でも、主幹事アニメ作品「東京喰種」の国内外商品化等による収益が好調に推移

 

■ステージ制作部門

・平成29年5月に公演した新作「舞台『ジョーカー・ゲーム』」は、チケット完売の好評となりました(計上は第2四半期)

・定番シリーズにおきましては、平成29年4月に「ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇」(当四半期計上)、「ミュージカル『テニスの王子様』」は平成29年4月に「TEAM Live HYŌTEI」、5月に「コンサートDream Live 2017」(いずれも計上は第2四半期)の公演を実施

・前期に行った公演が大好評だった「『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~Take your marks!~」のBlu-ray・DVDを平成29年5月に発売し非常に好調な販売

・舞台・ミュージカル各シリーズのパッケージ販売、ライブビューイング、国内配信事業等が好調に推移

 

 

<決算短信より>

・前期1Qにあった為替差損(2.34億)が今期1Qはなし。

・事業譲渡益 2200万円

・アニメーションスタジオ・アートランド 債務保証損失引当金 800万円

 

 

<決算説明資料より>

P11:オンライン事業

・おそ松さんよくばり!ニートアイランド(2017/夏の終わり)

・ORDINAL STRATA(オーディナルストラータ) (2017/秋)

・千銃士(今冬:クロスメディア展開あり)

・未発表タイトル2本

『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』【シノマス】公式サイト(2017年(わりと早め?):8/1発表)

 

P13:コンシューマ事業

・シノビリフレ-閃乱カグラ-(飛鳥編は1000円:8/1発表)

・SENRAN KAGURA Peach Beach Splash (北米・欧州 9月)

・STORY OF SEASONS:Trio of Towns(欧州 10/13)

・TRYPOD (トライポッド) (秋稼働予定)

・閃乱カグラ Burst Re:Newal(PS4:2018/2/2 旧作HDリニューアル:8/1発表)

 

P15:音楽映像事業

・vistlip(デビュー10週年めでたい)

 

 

<決算説明動画 説明概要より>

P13:

>前期大ヒットとなった舞台『刀剣乱舞』は、続編となる「舞台『刀剣乱舞』義伝暁の独眼竜」を

>6月1日から7 月14日まで、東京、京都、福岡にて、前作より規模を拡大して公演を行い、

>さらに、千秋楽のライブビューイングは香港、台湾、タイを含む100か所以上の映画館で実施し、

>相変わらずの人気の高さを誇りました。

 

 

<友だちには飽きないが、ゲームには飽きる beleveアナリストはこう見る>

上記のワードは昔、Aimingの決算資料に書かれていた

「ゲームには飽きるが、友だちには飽きない」という言葉からです。

まぁ4年もやっていれば、相当うまくやらなければ、飽きが来るのは当然だと思うし、

インフレしていかないと新しいガチャは売れないし、

人気IPタイトルとのコラボで人気IPタイトルだと思っていたら人気IP側がコケてこちらもコケたり、

管理者が勝手にアカウントを売買してて売上が上がるはずがないですよね。

パズドラやモンストだって売上が下がるくらいだし、最初の3年くらいでどれだけ大きな山を作れるか。

加えて新しいスマホゲームがドンドンリリース・・・しかも強力なIPを添えてされているわけですし。

 

各社大ヒットからの2本目をバンナムやCygamesやスクエニ以外はほぼ生み出せていないわけで(ほんとか?)、

ヒットタイトルの寿命も短くなりつつ、開発費は高騰+容赦ないサービス停止ばかり。

そんな中コンシューマもあり、伸びている舞台があるマーベラスは

ほぼスマホ専用の会社より私は、派手さはないかもしれないけど、ずっとずっといいと思うのですけど、

株式市場は未だにスマホゲームの大ヒットばかり注目しているようで、みんな大きな夢を見ているなと思ったり。

期待が膨らみすぎて、現実が追いついていかないみたいですけども。

それにしてもマーベラスのスマホゲーは本当に本当にセンスないとは思うけど。

関連記事

  1. マーベラス(7844)平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕 (連結)
  2. マーベラス(7844)平成27年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
  3. マーベラス(7844)平成29年3月期 第1四半期決算短信 〔日本基準〕 (連結)
  4. マーベラス(7844)平成28年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
  5. マーベラスAQL(7844)平成26年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。