My Best Song 2016


新年明けましておめでとうございます。

 

年末年始は仕事が忙しく、全然更新できずに申し訳ありません。

例年に比べると簡単な形ですが、My Best Song 2016をお送りします。

順位とかデータとか削ぎ落としましたが(あれをまとめている時間は至福なのですが)

iTunesへのリンクは試験導入。埋め込んだところからは30秒視聴できて、たぶんiTunes上ではもっと聞けるはず?

 

過去ログは 2010年2011年2012年2013年2014年2015年

 

■りるりるわんだふるがーる! / フラワーフェアリルズ (花守ゆみり, 日高里菜, 内田彩, 楠田亜衣奈)

りるりるわんだふるがーる!
フラワーフェアリルズ:りっぷ(CV:花守ゆみり)、すみれ(CV:日高里菜)、ひまわり(CV:内田 彩)、ローズ(CV:楠田亜衣奈)
2016/10/26

1曲忘れていたのでサイレント追加。子供がターゲットだけど、マーベラス制作というのを除いても

かなりよくないですかこれ。うっちーがあいたいね(↑)って歌うところがお気に入りです。

これいつかライブとかで歌う機会あるんですかね・・・。

 

 

■ユメ語るよりユメ歌おう / Aqours(TVアニメ「ラブライブ!サンシャイン!! ED」


ユメ語るよりユメ歌おう
Aqours
2016/08/24

アニメは「ラブライブ!」の後半にかけてストーリーがアレっていうのを引き継いでいて

もうちょっとどうにかならないのかと毎回思いますが、エンディングテーマはすごく好き。

もうちょっとこういう路線の曲があればなぁと。

 

 

■友達以上、恋人未満。/ 織部つばさ:cv.水瀬いのり (Wii Uソフト「幻影異聞録#FE」キャラクターソング)

友達以上、恋人未満。
織部つばさ(CV.水瀬いのり)
2016/02/10

幻影異聞録♯FE ボーカルコレクション(エイベックス:映像+音出ます:視聴も)

ライブ補正は多分にあるかと思いますが、最高に好き。

(偉そうだけど)水瀬いのりさんの成長を感じた1曲でした。

その他キャラのキャラソンも楽曲のレベルが高いのでオススメです。

「ディア☆ディア!Sweet Kiria ver」がライブで聞きたい。

任天堂(アトラス制作)による芸能界アイドルRPG。

任天堂にしては珍しく声優によるライブも行われて、

可能性を感じたので、ぜひこの路線で1本以上は作り続けてほしいなぁ。

Wii U向けということで、限られた人しかプレイ出来ていない「幻影異聞録#FE」ですが、

どこかでたくさんの人がプレイできる日が来るといいなぁとプレイした人は思うはず。

 

 

■虹を編めたら / fhana (TVアニメ「ハルチカ」OP)

虹を編めたら
fhana
2016/01/27


3年連続fhana曲を選出。(2014年:星屑のインターリュード、2015年:Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~)

アルバム曲含め、楽曲が私に向けて作ってくれてるんじゃないかと思うほど好みで、

常に音がアップデートされてきて、本当に佐藤さん楽曲と林さん作詞コンビはすごいと思います。

他の方への楽曲提供も好評なようで、3人作曲できるメンバーがいるのとtowanaっちの声の組み合わせはすごいなと。

2017年1発目の楽曲は賛否両論ありそうですが、トレンドをうまく取り入れてきているのも、

そういう曲があってもいいかなと。今年も全力で応援します。

 

 

■さよなら。ありがとう。/ 小湊伊純(CV:瀬戸麻沙美)、日岡 蒼(CV:井澤詩織)、友立小夏(CV:種﨑敦美)、大道あさひ(CV:小澤亜李)、都久井沙紀(CV:黒沢ともよ) (映画「ポッピンQ」ED)

さよなら。ありがとう。
小湊伊純(CV:瀬戸麻沙美)、日岡 蒼(CV:井澤詩織)、友立小夏(CV:種﨑敦美)、大道あさひ(CV:小澤亜李)、都久井沙紀(CV:黒沢ともよ)
2016/12/21

2016年ギリギリリリースのこちらも。(正確に聞いたのは2017年に入ってからだけど)

2016年のアニメ映画ブーム、ラストを飾るのはこちら!って感じで出たけれど、大コケもいいところ。

絶対春にやるべきだったって・・・。

いろいろと欲張ったわりには、あまり話がまとまってなく正直微妙だったのだけど、

エンディングテーマと映像はすごくよかったですし、終わった後のアレもあって、終わってみると悪くないなと。

サビ部分の声の重なりが大好きで、これはライブでいつか聞きたいですねぇ。

 

 

■百万本の赤い薔薇 / 桑田佳祐(フジテレビ「ユアタイム」ED)

百万本の赤い薔薇
桑田佳祐
2016/06/29

習慣というものは恐ろしいもので、「ニュースJAPAN」+「すぽると!」を見ていたのもあって、

そのまま「ユアタイム」も結構見てました。

メインの市川紗椰さんが、いきなり抜擢されて本当にかわいそうな立場で、

しかも噛みまくってアチャーっていうのも多かったけど、見続けるとそれがクセになるというか。

最近は天気がフジテレビのキャスターが担当になったり、ドンドンつまらなくなってると思うのですが、

そんなユアタイムの最後にかかる曲が「百万本の赤い薔薇」。(前置き長い)

メインの市川紗椰さんの名前「紗椰」が歌詞の中に入っている1曲。

この曲がなんだろう、市川紗椰さんが噛みながらボロボロに終わっても全てを流してくれるというか、

ボロボロだったけどなんとか終わったねみたいな、癒やし効果が確実にあると思います。

「ユアタイム」内のCMで、市川紗椰のブラジャーのCMが流れ(結構前だけど)、ワコールも鬼だなと笑いながら、

噛み噛みのMCを見て、「百万本の赤い薔薇」が流れると明日も頑張るか!という気持ちにさせてくれるのです。

最近は噛むのも少なくなってきた気がするし、実際かなり頑張ってると思う。

 

 

■恋 / 星野源(TBSテレビ「逃げるは恥だが役に立つ」ED)


星野源
2016/10/05

新垣結衣さんに恋ダンスを踊らせたのは、

ハドラーがアバンを葬った(ダイの大冒険)のと同等くらいの価値があると思うので今年の1曲に。

 

 

■STORY / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

■明日また会えるよね / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

■Near to You / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

■咲いてJewel / 鷺沢文香(CV:M・A・O)、速水奏(CV:飯田友子)、橘ありす(CV:佐藤亜美菜)、 塩見周子(CV:ルゥ ティン)、二宮飛鳥(CV:青木志貴)

■Tulip(M@STER VERSION)/ 速水奏 (飯田友子), 塩見周子 (ルゥ ティン), 城ヶ崎美嘉 (佳村はるか), 宮本フレデリカ (高野麻美), 一ノ瀬志希 (藍原ことみ)

シンデレラガールズからはこの5曲。秋にかけては4thライブがあったので、

シンデレラガールズの楽曲ばかり聞いていた気がします。

 

「STORY」はサウンドトラックに収録されているので、なかなか聞くのは敷居が高いと思うのですが、

この1曲のために買っても損しないのでは。シンデレラガールズの田中さんの楽曲が好きすぎてつらい。

「明日また会えるよね」は、Funta楽曲。

勝手な妄想なのですが、七森中☆ごらく部向けの楽曲がこっちに回ってきたんじゃないかなみたいな

そんな印象を抱いています。

「Near to You」通称そばつゆ(Near=近く→そば、to→つ、You→ゆ)

そばつゆを考えた人は金の脳もらっていいと思う(古い)

>いつもキミ目指し 走りだす 大好きだから どこまで近づけるかな はシンプルイズベストでいいですね。

「咲いてJewel」俊龍楽曲。イントロからの期待感は異常。

デレステとの相性もバッチリでプレイしていて気持ちいい1曲。今日もJewelは散っていく。

「Tulip」サビ部分の歌詞のうまさが光る1曲。

こちらもデレステでやってるといいなぁと思います。Cool系楽曲が映えますね。

 

五十嵐響子の「恋のHumberg」、三村かな子の「おかしな国のおかし屋さん」も

ライブでめちゃくちゃかわいくて何あれ!何あれ!何あれ!って感じでした(言葉にならない)

 

 

■わたしのステージ / 内田真礼

わたしのステージ
内田真礼
2015/12/02

 

■金色の勇気 / 内田真礼

金色の勇気
内田真礼
2015/12/02

正確には昨年の楽曲なのですが、昨年に紹介できていなかったので。

USGの田淵さんが楽曲提供に力を入れてくれているという心強さもあって、

アッパー曲もシンプルに盛り上がることができてすごく楽しいのですが、

しっとりとした楽曲も味わいがあって、ライブで聞いてすごくすごくよかったので。
実際まれいたそも1stライブで、感じたことは多かったそう。

これだけの楽曲が集まるんだから、2ndライブも行くしか。

関連記事

  1. My Best Song 2015
  2. リスアニ!LIVE 2016 セットリスト&レポート(SATURDAY STAGE)
  3. 2014年4月 月間アニソンランキング TOP10
  4. My Best Song 2013
  5. fhana What a Wonderful World Line Tour 2016(LIQUIDROOM) セットリスト&レポート
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。